Event is FINISHED

モバイル決済プラットフォーム HCE

Description

【開催趣旨】

世界的にトレンドなモバイル決済。その最先端を担っているMCK(Mozido Corfire Korea)がモバイル決済の最新技術であるHCE(Host Card Emulation)やTwMP(台湾銀行連合)でのHCE導入事例の詳細をご紹介いたします。


【開催概要】

日時 :2016年9月13日 16時00分~19時00分(15時30分開場)
場所 :FINOLABイベントスペース
東京都千代田区丸の内1-3-1 東京銀行協会ビル14
主催 :Mozido & (株)亜細亜情報システム(日本パートナー社)
料金 :無料


プログラム

【ご挨拶】  16:00~16:15

(株)亜細亜情報システム 代表取締役 趙元章(チョ ウォンチャン)

 Mozido.Inc General Manager,Japan Mr.David Estrada


【製品紹介及びQ&A16:15~18:00

 HCE紹介及び事例紹介・デモンストレーション・Q&A

  
【ネットワーキング】   18:00~19:00

★参加された皆様の自由なネットワーキングの為に説明会終了後、軽食とお飲み物を用意させて頂きます。


【TwMP プレスリリース記事】

Taiwan Mobile Payment says 14 banks to run cloud-based electronic wallet app By Ted Chen / TAIPEI TIMES

TWMP(台湾銀行連合)は台湾の銀行14が当社のHCEプラットフォームを導入したと発表した。プラットフォームはアンドロイド専用のT-WalletアプリケーションにMasterクレジットカードを格納できるようにしてくれる。台湾国内にて開発されたT-Walletアプリケーションはまだ、リリースされてないがサムスンペイやアンドロイドペイ等、他アンドロイド専用のHCEサービスと競争中である。

◆統合

TWMP社は銀行たちにソフトウェア開発キットを提供し、銀行が自社のモバイル決済アプリケーション内にTWMPのプラットフォームを統合できるようになったという。ユーザたちはT-Walletアプリケーションで実際のカードの写真を撮ることで自分のカード情報をデジタル上に格納、その後はカードが無くてもスマートフォンだけでクレジットカード取引が可能だ。

接近容易性

TWMPによると新しいSIMの適用やモバイル専用のクレジットカードが無くても本サービスが利用可能だという。台湾Masterカードの役員のEva Chen氏は記者会見にて去年グローバルモバイル決済市場は450億ドル規模に到達した。年末には37.7%が増の650億ドルの市場規模に成長すると見込んでいると述べた。Chen氏は「台湾国内の流通会社と商人たちにHCE取引が可能なNFCハードウエアを導入し、80%以上のクレジットカード取引でHCEサービスが適用される」と述べた。台湾中央銀行の副総裁Yang Chin-lung氏は「HCEプラットフォーム基板の新しいサービスが台湾のキャッシュレス社会の進展に大きく貢献する」と述べた。

支出記録

台湾金融委員会の金融局の報告書によると、6月のクレジットカード取引がクレジットカード税金の支払いの選好により、2635億ドル(NT)を更新したという。台湾金融当局は上半期クレジットカードの取引件数が100万件から2577万件に増えたし、クレジットカード総取引額は去年の23兆ドル(NT)から今年25兆ドル(NT)に増えると見込んだ。






Event Timeline
Updates
  • イベント詳細情報を更新しました。 Diff 2016-09-12 03:37:58
More updates
Tue Sep 13, 2016
4:00 PM - 7:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
FINOLABイベントスペース
Tickets
一般チケット
Venue Address
東京都千代田区丸の内1丁目3-1 日本 Japan
Organizer
MCK-HCE
10 Followers